ブログはHP内に新しく移動しました
HPはリニューアルして見やすくなりました。

 HP「風景写真家 佐藤尚」 ひらめき


2017年02月05日

「里ほっと」仲間にDM渡し

「写真集DMを配布するので希望者は本日の午前中に見沼田んぼに来て」って
SNS を通じて呼びかけたのが、昨日のこと。

見沼自然公園に、
「里ほっと」の人ばかり何人かやってこられました。
久しぶりに会う仲間と、おしゃべりし、笑顔見て、またね〜。
2時間ほどでしたが良い時を過ごしました。

写真集づくりは、あと少しだけ作業を残しています。
写真と文字の原稿はすべて渡しています。
写真展は、色味チェックやキャプション作成などギリギリまで作業を行います。

画像は、あっちゃんから拝借しました(ありがとう)。


里ほっと


posted by satophoto at 12:50 | TrackBack(0) | ワークショップ

2017年02月03日

2/2発売の「週刊新潮」に作品掲載

2/2発売の、週刊新潮 2月9日号 の後ろのグラビアの3ページにて、
写真集「47 サトタビ」の写真を紹介していただきました。
この時期ですので冬景色4作品です。
是非ご覧ください。

http://www.shinchosha.co.jp/shukanshincho/

週刊新潮



posted by satophoto at 07:00 | TrackBack(0) | 掲載誌

2017年02月02日

写真展と写真集

佐藤尚 写真展
「47 ぼくのより道〜ガイドブックにないニッポン探訪」

期間:2017年3月3日(金)〜 3月0日(木)
時間:午前10時〜午後7時(最終日は午後4時まで・入館終了10分前まで)
会場:富士フイルムフォトサロン スペース1  入場無料・会期中無休
場所:東京ミッドタウン 1F
作品点数: 約 50点
WEB http://fujifilmsquare.jp/photosalon/tokyo/s1/17030301.html

47 写真展




佐藤尚 写真集 「47 サトタビ」

著者:佐藤 尚(さとう・たかし)
体裁:天地220mm×左右260mm・ソフトカバー・120ページ (総作品点数:カラー約100点)
定価:予価3,000円
発売:2017年3月3日  
WEB http://fukei-shashin.co.jp/

47写真集



posted by satophoto at 21:15 | TrackBack(0) | 個展情報

2017年01月29日

見沼田んぼの朝の光

機材で、良い写真が撮れるとは思っていません。
でも、撮るものは変わるし見えたり感じたりするものは、
当たり前のように変わると思っています。

この写真は所持している超望遠ズームレンズを
カメラザックに入れていたから見えた光です。
やっぱり使用しているカメラが軽量コンパクトな物でよかったと思いました。

「見沼田んぼ」は広大な敷地でスゴイ撮影ポイントと呼べる所は一つもなく、
行く場所の選択に考えさせられますが、行けばいろいろな物を撮らせてくれます。
数日前にアップした鉄道写真は、これまで気づけなかった
「見沼田んぼ」の声が聞こえてくるような気がしながら撮影をしていました。


見沼田んぼ

見沼田んぼ

クリックで画像はとても大きくなります。


FUJIFILM X-T2 + XF100-400mmF4.5-5.6 R LM OIS WR

さいたま市見沼田んぼ 2017年1月26日撮影



posted by satophoto at 10:15 | TrackBack(0) | 見沼田んぼ

2017年01月28日

写真集のキャプション

10年以上前の写真集「こころの故郷-魚沼の風景を撮る」では、
本の中の 文 や あとがき は、かみさんに添削してもらいながら
書き進めたことを思い出しています。
というのも、今、
写真集の最後にのせる掲載作品のサムネイル画像の
地名とか説明とかキャプションを書いているから。
今回は、少ないボキャブラリーを集めて自力で頑張ってきました。
本日、提出。
写真集制作は、あとは
色校正などのチェックをするだけです。

写真集 47



posted by satophoto at 19:00 | TrackBack(0) | 個展情報

2017年01月26日

サギと武蔵野線 埼玉

移動性高気圧が来るので
どこか遠くに行こうかと数日前には考えていたのですが、やめて 
朝は地元の見沼田んぼに行きました。
未明から朝日が昇るまで撮影して、
家に帰りました。
池では白鳥が優雅に泳いでいる様子が見れて心がスッキリしました。
自然風景っていいね!


見沼田んぼ
クリックで大きくなります

FUJIFILM X-T2 + XF100-400mmF4.5-5.6 R LM OIS WR



posted by satophoto at 15:50 | TrackBack(0) | 見沼田んぼ

2017年01月23日

八ヶ岳山麓と魚沼と誕生日


20日は、先輩写真家の小野里隆夫さんの八ヶ岳山麓のご自宅にところに
写真家仲間が集まり新年会がありました。
21日は、新潟県南魚沼市の池田記念美術館で開催中の
『魚沼ベストショット展 part Y』にての、
ギャラリートークとオープニングレセプションに参加してきました。

写真展&写真集の進行、雑誌や機関誌などの原稿用意、プライベートな用事、
いろいろな所用が重なりゆっくりもできず、
温泉にも入れずにバタバタと帰ってきました。

ちなみに、21日は誕生日でした。
54才となりました。
顔のしわが増え、髪の毛は薄くなり、腰は痛いし、酒が飲めなくなった(前よりは)。
でも仲間とわいわい元気にやっています!
感謝!
これからもよろしくお願いします!!!


魚沼ベストショット展 part Y



posted by satophoto at 09:01 | TrackBack(0) | 日常と雑感

2017年01月19日

昨年の見沼田んぼ 埼玉

昨年の冬は小雪傾向で
ほとんど雪景色撮影に出ませんでした。

今年は、写真展&写真集の準備で
雪景色どころか撮影にも出ていません。
こんなに撮影をしていないのは、初めてのことだよ。

仕方ない。
今は、集中。


昨年の今日、1月19日撮影の見沼田んぼの画像をアップします。
昨年は関東地方は雪が多かったんですよね。
画像はクリックで大きくなります。


見沼田んぼ


FUJIFILM X-T1 + XF50-140mmF2.8 R LM OIS WR



posted by satophoto at 09:30 | TrackBack(0) | 見沼田んぼ

2017年01月18日

写真集作りなど近況

15日(日) には、クラブツリーズムさんのセミナー。
なんと1時間半もの時間を喋り続けることができました(ビックリ)。
しっかり準備したことで興味を持っていただける話を出せたと思います。
お客様の反応はとても良かったと感じました。

16日(月) には、風景写真出版さんで誌上フォトコンテストの審査。
総合部門の大量のご応募作品からの選び出す作業は2回目のことでした。
2回目は初回とご応募作品内容の変化が感じられました。
長時間の作業も充実感を抱きながらやらせていただきました。

17日(火)には 、佐藤尚写真集の入稿。
風景写真出版編集者の高橋佐智子さんと
デザイナーの三村漢さんと
東京印書館の印刷オペレーターの高柳昇さんと
写真の色合わせを行いました。
それぞれの分野での超プロフェッショナルな方に集まっていただき光栄です。
写真集制作を、良いものができるよう皆で一緒に最後まで頑張ります。

そんな、3日間で、昨日は帰宅後、
家で飲む プレモル がうまくてうまくて、全身に染みわたりました。
外でわいわいやるのもいいけど、家もいいな。

週末は、遊びに出かけます。
息抜きができそうです。
それまで、「写真集&写真展」の遅れている告知準備を進めなくっちゃ。

画像は、昨夜のスマホ写真。

モルツ



posted by satophoto at 11:20 | TrackBack(0) | 仕事

2017年01月15日

「写し方見本帳 春夏秋冬」(日本カメラ)


「写し方見本帳 春夏秋冬」(日本カメラ)が
17日に発売になります。

中ページに作品掲載と執筆をしています。
掲載作品点数は7点です。
新潟、埼玉、愛知など の風景写真を紹介しています。
季節感の表現について解説しています。
たとえば、広角レンズで初夏のさわやかさを表したり、
二つの色調をパターン的に夏の色合いとしてまとめたり。
他に 先輩や仲間の写真家さんで
斎藤友覧さん、新海良夫さん、落合由賀里さん たちの作品が出ています。

是非お手に取っていただきご高覧下さい。

日本カメラ


日本カメラ
https://www.nippon-camera.com/




posted by satophoto at 11:45 | TrackBack(0) | 掲載誌